2010年04月20日

職場金庫から200万円盗む JA職員逮捕、群馬県警(産経新聞)

 職場の金庫から現金を盗んだとして、群馬県警沼田署は13日、窃盗の疑いで、同県沼田市高橋場町、JA利根沼田職員、戸部朋子容疑者(47)を逮捕した。同署によると、同容疑者は容疑を認めている。

 同署の調べによると、戸部容疑者は3月1日から26日ごろにかけ、職場の金庫から現金200万円を盗んだ疑いが持たれている。

 同署によると、同月26日に金庫内を調べた職員が、現金がなくなっているのを発見。戸部容疑者は今月7日、勤務中に職場からいなくなり行方不明となっていたが、13日午後、渋川署管内の交番に出頭した。

 同JAによると、戸部容疑者は金融企画課の現金出納係で、金庫を自由に開閉できる立場にあったという。同署で犯行の詳しい経緯を調べている。

【関連記事】
元JA職員が横領320万円容疑で逮捕 和歌山
JA職員、700万円横領で解雇 八代
JA職員が顧客の預金170万円を着服
JA職員が精米代金350万円着服 茨城・下妻
秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」
外国人地方参政権問題に一石

雑記帳 24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)
住基ネット活用、最有力に=税・社会保障の共通番号制度−政府(時事通信)
相鉄車掌キセル、駅員5人も不正認識か(読売新聞)
初期診療に対応する「総合医」を提言―国保中央会(医療介護CBニュース)
posted by ナミキ ノブコ at 02:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。