2010年02月01日

地域活性化へ「緑の分権改革」=クリーンエネルギーや農産物活用−総務省(時事通信)

 総務省は27日までに、クリーンエネルギーや農産物、歴史遺産といった地元の資源を官民連携で最大限に活用し、地域活性化につなげる取り組みに着手した。名付けて「緑の分権改革」。第1弾として、各地域で利用可能なクリーンエネルギー量を探る大規模調査を行う方針で、関係経費を盛り込んだ2009年度第2次補正予算案の成立後、速やかにその委託先となる自治体を決める。10年度は実際に取り組み、検証するモデル事業を進める。
 「緑の分権改革」は原口一博総務相の肝いりの政策。地域で消費するエネルギーや農産物の自給率を高めたり、固有の歴史・文化などを生かした観光や産業を振興したりすることを通じ、地域の雇用や資金循環を創出、経済活性化や社会の「絆(きずな)」再生を目指す取り組みだ。政府が昨年末にまとめた経済成長戦略の基本方針にも盛り込まれている。 

【関連ニュース】
09年度2次補正、28日成立へ
参院追及も決め手欠く=舛添氏は首相にエール?
年金運用の見直し必要=原口総務相
衆院解散の意思ない=鳩山首相
陸山会事件、党は調査せず=不動産所有「倫理の問題」

ドイツ人の画家が東京タワーに不思議なアート(産経新聞)
パーフェクトダーク使い「鋼の錬金術師」流出(読売新聞)
カンピロバクター感染率、鶏肉生食で72倍に(医療介護CBニュース)
<学生音コン>入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)
<岐阜県白川村>合掌造りの家々をライトアップ(毎日新聞)
posted by ナミキ ノブコ at 17:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。